column

コラム

イベントレポート:ブレンディッドラーニング講座新年会・シンガポールにおける人材育成の変革」ワークショップ【開催報告】

2023年1月30日、ブレンディッドラーニング講座新年会を開催いたしました。
今回は、同時開催しましたChiew Chung氏によるワークショップの内容をお届けいたします。

■ゲスト:Chiew Chung氏
ClassDo創業者CEOの曾超繁 (通称”チュウ”)は13歳でプログラミングに出会い、15歳で国際プログラミング大会にシンガポール代表として出場、その後飛び級制度を利用してカナダのWaterloo大学で数学(組合せ論)とコンピューターサイエンスの両専攻において優等学位を取得しました。
20歳の時に日本の研究所の研究員になり、日本の永住権も取得しています。日本の半数以上のトップメーカーが彼の組合せ論のアルゴリズムの恩恵を受けコスト削減を果たしているほか、様々な銀行のグローバル金融システム構築に貢献しました。
AI/ロボットのデジタル時代に企業が深刻な人材不足の危機を解決するために、教育者が学習者の創造性を育むClassDo Pte Ltdをシンガポールにて設立。
日経BP社の「日本の明日を拓く30人」にも選出されたほか、Wall Street JournalのIT特集TV番組でも紹介されています。AI/ロボットのデジタル時代における重大な人材不足の危機を世界中の産業界が克服できるよう、ClassDoを立ち上げました。

Chung氏は、シンガポールにおける教育の進化について語り、特に教師の役割が従来の知識伝達者から学習を促進するファシリテーターへとシフトしている点を強調しました。問題解決を中心としたプロジェクトベースの学習法の採用へと変化したのだそうです。

また、AI時代における学習方法として、「Learn Fast, Learn Wide, Learn Well」についてもご紹介いただきました。このアプローチは、時間に制約のある働く大人たちにとって重要です。記憶する学びではなく、問題解決を通じて学ぶ創造的なスキリングが、今、そして、これからの時代に必要な学び方となるでしょう。

イベントは対面とオンラインのハイブリッド形式で行われ、ClassDoプラットフォームを利用して、自組織の現状と理想を近づける方法についてディスカッションも行いました。

参加者からは、シンガポールの教育改革アプローチを自身の組織や活動に取り入れることの価値、そして提供された学びの深さに対し、「超絶刺激的でした!」や「貴重な機会をありがとうございました!」というお声をいただきました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
一般社団法人日本フューチャラーナーズ協会は、今後も皆様のお役に立てるようなイベントを定期的に開催してまいります。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。